地域のヘルシー合間や公民館などでヘルシーエクササイズの指南をしている人の談話を聞く機会がありました。
ずいぶん驚きだったのが、エクササイズ中に意識を失ってしまった人の話です。ただただ首を回すストレッチを通じて頂けなのに精神喪失してしまったそうです。しかも意識を失ったのは、登山なんかがホビーの健康な人物。はからずもやにわに精神が戻ったそうなのですが、「首のストレッチは意外に恐い」ということを知りました。
首のストレッチというと、ぐるんぐるんという首を回したりしますよね。学園体育もそんな体操を習ったような気がします。但し、そういった首をバックに亡ぼす、または360ごとまわす、という機能は悩みを伴うこともあるそうです。特に歳をとった人物にとっては。
首には頸椎に癇が通っています。太い血管もあります。首のストレッチで繁雑がかかると、ジレンマ(寝違えみたいな顧客です)や癇のけが、頭部の血圧downによる精神喪失などが起こることもあるそうです。首はデリケートですね。一入通常首回りが凝っている人物は要注意らしいです。ゆっく手厚くストレッチするのが大切ですね。
首のストレッチをする際には息をとめない、バックには倒さない(まだまだ寝かせるだけ)、側に亡ぼすときも無理な持論にやめる、決定的動きを止める、用はあけたままに始める、などの注意が必要だそうです。こんなにも生まれつき注意が必要なストレッチだったは。人間の本心って意外なほど苦しいですからね。それがぐるんぐるんすれば、そりゃ首も損じるわ、という話のようです。口内フローラはカテキンとの相性は