行きつけの食堂で、どうにか「鳥の光沢焼き」を食べました

月に3回ほど行く食堂があります。
定食などはなくて、副食がカウンターに並んで居残る。
それを自分で選んでトレーにのせる、セルフサービスの食堂です。

ちょっと値上げしたような気がします。
この食堂は、開始皿の賃料を10円ぐらい変動して、際立ち難く賃料のアレンジをします。
それでも野菜が大きいし、要素のお客様は大変そうだし、仕方がないかもしれません。

とびきりステキな風味ではないけれども、どうしてもの風味です。
失礼かもしれませんが、そういった食堂は副食よりもめしがおいしいのです。
知る人ぞ知る、「三田USA(ちゃんだまい)」を大きな羽釜で炊いてます。
三田USAは兵庫県三田市(ちゃんだし)産のUSAです。
羽釜は気体火で炊いていると思われます。
さすがに薪火ではないけれども、たかだか家では真似できない風味です。

副食はフライドポテト会合や野菜のお惣菜が美味いです。
肉じゃがなど煮物の主菜は、自分勝手の味付けではありません。
砂糖を丸ごと訴えるらしく、めっきり手緩いのです。
老舗の食堂にはよくある味付けで、ノスタルジックをさそう風味ではありますが。

で、すやすや食するのは「鳥のから揚げ」。
何度も食べているから、今日飽きてきました。
それで新内容の「鳥の明かり焼き」にトライしました。
いけます。やっぱり未だ甘めですが、飯が進みます。

食堂のテレビでは、DBが企画されてある。
メキシコにクルマワークショップを組み立てるのが、延々と言っています。
なんでなることやら。甘辛い鶏肉を噛みしめながら、考え込んでしまいました。ブリアンの口コミって本当なのかな?本物はコチラ