夕飯後に住宅を募集、猫といったウサギの初遭遇

恋人の母親のお故郷が月曜日だったので、ウィークエンドの夕ごはん内ワインを以て義1つを訪れました。

義実家ではウサギを2匹飼ってあり、うちでは猫を飼ってある。
ラフファッション訪問する風景うちの猫は連れて行かないのですが、逗留時間もそんなに少ないから断じて連れて行きたい!といった、恋人がお父様に容認を取ってうちの人を連れて行くことに。

当然理想の作業は当方がしました。
うちの猫は車に乗るのは反抗がないのですが、持ち家から離れるという落ち着かなくなりニャーニャー鳴き、後部客席に移ろうってしたり作業テーブルの下に入ろうというしたりという真面目。
15持ち前ほどのドライブだったのでそこまで長くではなかったのですが1つへ付く頃に彼女の組み合わせは毛むくじゃらになりました。

1つにあたって猫を中に含めるって落ちつかなみたいに一筋を嗅いで見廻り、少し落ち着くってお庭の芝を食べって自由に話す猫。
当然その間は教本をつけて要る。

うちではケージを使わずどこかに赴きはじっと教本です。
うちのウサギたちは内部から猫の様相を伺っていたのですが、気になったのか猫の様相を伺いに部屋から出てきました。
ウサギを見たことがなかったうちの猫は、いきなりのチャレンジに感激のかシャーといって警戒する処置。
離れた事で宥め抱っこしたりしてやっと落ち着きました。

後々ちょっぴり逗留して家に帰りました。
猫は疲れたのかやがてぐっすり眠ってしまいました。初めてのことで疲れたんでしょうね。そういったOFFでした。ホワイトセラミドの解約方法が知りたい