初めて本格的な雪の時期がやってきました。

私の掛かるエリアは冬になると雪が積もる寒気エリアです。毎年冬になると憂鬱なことばかりです。なぜなら無駄な生業がたくさん加わるからです。初めて11月下旬ごろから車のタイヤ交換が始まります。夏季タイヤから冬用のスタッドレスタイヤに履き替えなければなりません。夏季タイヤで駆けることは自殺やり方のようなものです。毎年12月に入るといったガソリンスタンドもカーサロンもタイヤ交換の満席になります。タイヤ交換だけのパートを雇うお店もあるほどです。そして雪が積もるといった雪かきをしなければなりません。この順番は最高峰苦痛です。こまめに雪かきをしないと大雪が降ったシーン前の雪が氷のように硬くなってしまうためさんざっぱら苦労することになります。少しの雪も残しておかないで早めに捨ててしまうことが大切です。建物に除雪チャンスを持っている民家もあるぐらい雪かきはとても大変です。お婆さんだけの家庭では雪かきを店に依頼する自力もある。市役所では毎年雪かきのために求人も募集する。ですから雪国では冬限定の生業がたくさんあります。スキー会社のパートも冬だけです。生業がたくさんあるのはいいことですが、特に雪がたくさんたたきつけるという生活の一部分でしなければならないことが挙がるので大変です。雪がたたきつけるといった短く春になってほしいって常々拾うばかりです。雪の降らないところに住みたいといった毎年のように考えてしまいます。天気推定を見ていてスノーポイントに無縁の地域のことを想像すると自分が寂しくなって仕舞う。頭皮の痒みと大量のフケを解消できるか知りたい