インド企画が食べたくなってふらりって入ってみた

はからずも、ある日本格的なカレーというナンが食べたいなと憧れ、数ヶ月前にオープンしていた怪しげなお店に入ってみました。

一閃掲示板にはカレーやナンの論文が見えていて、1度そこに入った素行のある友達のストーリーからも、うまいカレーが食べられる事は知っていました。

店内に入ってみると、インドクライアントらしいほうが祭事まで案内してくれたのですが、気になるのが店内におけるホワイトボード。
精一杯頑張って書いた事が伝わる、形の崩れた日本語で「今日のおしな」と書いてありました。

おしなまで書いたのなら書きも書こうよ!惜しいなぁ!といった意気で指図を入れてまぶたを下にずらしてみると、ベジタブルカレーってタンドリーチキン、タンダリチキンの三つが書いてありました。

タンダリチキン?タンドリーではなく、タンダリは何?と思い人材に、
「ごめん、タンダリチキン一部分下さい」
と言ったところ、
「ボリューム、タンドリーチキンデスネ」
「いえ、タンダリチキンです」
あれこれ…と思い、近々1度タンダリチキンと言っても、返ってくるのはタンドリーチキン。

とすれば、タンダリチキンってなんだよ!!といった猛烈に指図たくなったけど、人材が困った外見を通していたので諦めてタンドリーチキンで通してもらいました。

出て来たタンドリーチキンが絶品で、不平の用意系統の無かったので、タンダリチキンの不明を有するまま、次にまたタンダリチキンを頼んでみようといった決意してスポットを出ました。
興味深いお店です。アシドフィルス菌サプリ